上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




僕が参加した治験アルバイトは貼り薬のバイトで5泊6日×3回でした。

泊まった施設はまあ普通の病院でした。
僕のアルバイトの場合高額ということと、貼り薬ということもあってものすごい人気でした。
まず、検査を受けるための電話が繋がらず、(チケットぴあなみ)30分リダイヤルしっぱなし。
やっと繋がったと思ったら、希望の検査日が満員。
希望の日ではなかったが検査の予約をいれておきました。

検査当日病院に着いたらびっくり!
人がうじゃうじゃいました。
たしか定員は15名だったはず。
これは確実に落ちると思いました。

そして、検査の発表の日、このバイト代をあてにしていた僕は心臓ばくばくで電話をリダイヤルしまくりました。
そしたら、補欠ということでしたが、合格しました。
しかしなんだか複雑な気分でした。

そして、入院当日補欠1番手の僕は検査の日とちがい逆に開き直り緊張しませんでした。
結果はレギュラー組みで落ちた人がいたので、僕が合格!

入院生活は快適で、まんが喫茶にずっといるような感じでした。
やることといえば、シップを貼って時間になったら採血するだけでした。
不満な点を挙げるとすれば、シップをずっと貼ってる時は風呂に入れなかったのが辛かったくらいです。
でも別に運動をするわけではないので、問題はなかったです。
最後の日(額は知ってはいましたがバイト代をもらった時はちょっとびびりました。
大学生の僕にとって、たった3週間で35万円いただけたのです。
しかもシップ貼って、血液を採っただけで・・・
また機会があったら絶対参加します。


中学生が開始1時間で月126万円稼いだ方法






応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へブログ王ブログランキング【くつろぐ】
トップページへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。