上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回ご紹介する「地図調査のアルバイト」は、住宅地図の正確性を保つために現地を歩きながら
調査して回るというものです。

住宅地図には、当たり前の話ですが"情報の鮮度"求められます。
地図の情報が古く、現地の情報と違ってしまっていれば、せっかくの地図の意味がありませんからね。。
その鮮度を保つために、住宅地図を販売する会社では、アルバイトやパートさんなどを雇って現地調査を行うのですね。
それがこの、「地図調査のアルバイト」です。


具体的にどうやって調査するのかと言うと、街中をくまなく歩きながら、住所や名称、建物の形、道路の形状などに変化がないかを調べていきます。
で、変わっている点があればそれを古い地図に書き込んでいくのですね。
かなり地道な作業になりますが、その結果としてあの便利な住宅地図が完成するわけです。

最初の1~2日は研修があって先輩と同伴での調査となりますが、後は基本、1人で調査地点を回ることになります。
ほぼ、1日8(7~8時間)歩くことになるのでかなり大変なのですが、散歩好きな人にしてみれば、監視もなく割と気も楽なので面白い仕事かもしれませんね。

ただ、たとえ天気が雨でも歩かなければなりまなりませんし、近くにご飯を食べる場所がなかったり、何よりトイレが見つからないのが大変みたいですね。


これで、自給はおよそ800円~900円。
募集は、求人誌にたまに掲載されます。

それほど頻繁に募集があるわけではないですし、応募枠もすぐに埋まってしまいますので、興味のある方は募集を見つけたらすぐ問い合わせることをお勧めします。
トップページへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。