上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これも悪徳金融業者と同じようなものです。

というよりも、同じ業者がやっている場合も多くあります。

クレジットカードで借り入れの限度額が一杯になってしまい、キャッシングできなくなってしまっても、クレジット(買い物)の限度額に余裕があれば買い物はできます。
そこに目を付けたのがこの買い取り屋詐欺です。

「クレジット枠を現金化~○○ファイナンス」

こんな広告に釣られて行くと、クレジットカードで家電製品やヴィトンのバック、新幹線・航空券などの換金性の高いものを購入させられます。

たとえクレジットの限度枠を超えている場合でも、信用情報紹介端末機(通称CAT)を通さずに購入できる場所を押さえておいて、そこで購入するように指示する場合もあります。

買取り屋は、商品を購入してきた客が持ち込んできたものを、およそ定価の30~40%程度の値段で買い取ります。
買取り屋はそれを高値で転売して儲けるんですね。

つまり、10万円の商品を購入したとしても手にする現金は3万円程度。
一時的に3万円の現金は手に入りますが、のちにクレジット会社から10万円の請求が来るわけです。

アホらしいですよね。
新たに7万円借金してるんですから。
でも、怖いのはそれだけじゃないんです

クレジット枠を使って買い物したといっても、ローンの返済が終わるまでは、そのものの所有権はローン会社にあります。
車をローンで買った時と同じですね。
ローン会社に所有権のあるローン中の品物を勝手に売る行為は横領にあたります。
また、換金目的で品物をローン購入する行為は詐欺行為に該当します。

いくら債務者が買取り屋詐欺の被害者でも、これに関与した場合は、処罰の対象になります。

自己破産の申し立てをした場合には、この行為が原因で免責が不許可になる可能性もあります。
つまり自己破産しても借金が残る可能性があるんですね。

ただ借金が増えるだけじゃないんです。
買取り屋詐欺、めちゃめちゃ怖いんです。

トップページへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。