上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高収入裏バイトの定番「マグロ漁船」。
いろんな所で噂にされていますよね。
一ヶ月100万円以上稼げるとか、借金返すためにマグロ漁船に乗ってくるとか…。

マグロ漁船などの遠洋漁業は本当に精神的、肉体的にも屈強でなければ出来ない仕事なので、昔は確かに高給だったようです。。
しかし、現在では船長クラスで年収700万円程度と言われています。
確かに高給ですが、一度海に出たら10ヶ月だとか1年は海の上での生活だし、怪我をして指や腕をなくす人もいるらしいので、本当に大変な仕事だと思います。
かといって収入もめちゃめちゃ高収入というわけではありません。今では、1年目の新人ではせいぜい月収30~40万円。
確かに海の上ではお金はほとんど使わないので貯まることは貯まりますが…。

昔は日本で食べられるマグロの大半を、日本のマグロ漁船が獲っていたのですが、近年では世界中からマグロが仕入れされています。
それに伴って人件費の高い日本のマグロ漁船の数は減りつつあり、求人もほとんど無いようです。

関係者によると、現在でもマグロ漁船の仕事の問い合わせが多くあるらしく、ほとんどが「高い収入が欲しい」「借金を返すため」と言う相談らしいです。

問い合わせがある度に「現在のマグロ漁船の制度から説明しなくてはならないので大変です」と言っていました。
しかし、実際に高収入を得られる漁業は存在します。
マグロ漁船ではなく、カニ漁が稼げるらしいです。

それも国内ではなく有名なものはベーリング海峡と言うアラスカと東シベリアの間にある海峡での漁となります。
しかしこのベーリング海峡は「低気圧の墓場」と呼ばれ、カニ漁全盛の時期、気温はマイナス10度、誤って海に落ちたら、どんなに屈強な者でも3分で絶命するという世界で最も危険な海域だそうです。
しかも、カニ漁はマグロ漁船などとは違って、海が荒れる時期に、基本的に小さい船で漁をするので、マグロ漁にも増して危険できついらしいです。

毎シーズン何十名かの漁師がそのベーリング海で行方不明になるとか・・・。

応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へブログ王ブログランキング【くつろぐ】
トップページへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。