上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私もよく参考にさせていただいている有名な本に、「裏のハローワーク」という本があります。
こちらに、原発作業員について紹介されています。
その内容を簡単に紹介させて頂くと…

①仕事内容は、基本的に施設の整備や清掃
②働く人は1年間に被曝できる放射能の量が定められており、それを超えると1年間は原発の仕事に就くことはできない。ただし、実際の作業でもやはり多少なりとも被爆はするが、異常をきたすことはほとんどない
③給料はそんなに高くはない。労働者がもらえるのは、せいぜい日給1万円程度となる。
④求人誌などにはまず出ない。自力で探すしかない。

とあります。


やはり原発内での作業ですのでどうしても被曝はあります。
ただし、それによって生物学的に異常をきたしたり、健康を害することはまずないらいしいです。
もちろん、物や自身が落下することによっての事故・火災や漏電などの危険はありますが…

作業も、一日に長くて五、六時間程度。
ボルトを締めたり拭き掃除をしたりと、難しい仕事ではないそうです。

ただし、給料は良くないです。
原発に関する情報はこの「裏のハローワーク」に限らず、多くのサイト・掲示板・本などに出ているのですが、そのいずれでも言われていることです。
「原子力」="危険"というイメージがあり、一般に"危険=高給"と思われているため、「原発作業員」=高給と思われていますが、そうでもないです。

いわゆる"ピンハネ"がかなりひどいらしいのです。
原発作業員は孫請け会社に雇われている人がほとんどなのですが…
電力会社から下請け会社に渡される額は一人につき一日7万とも10万とも言われています。
それが、下請け→孫請けとおりてくるにしたがってピンハネされていき、最終的には1万円か、それ以下になってしまいます。

もう少し高いところもあるかもしれませんが、巷の噂で流れているような"一時間で一万円"とか二万円だとかという話しは、全くのデタラメのようですね。
たとえ専門資格を持っていたとしてもそれだけ稼げることはないそうです。

応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へブログ王ブログランキング【くつろぐ】
トップページへ

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。